環境が変われば、わからないことも聞ける
 
こんにちは、
笑顔人生へのナビゲーター あさのぶ。です^^♪
       

 

 
以前の記事【わからないことを聞けない】でも書いたことがありますが、
 
気の弱いHSPの僕は、わからないことをその場で聞く勇気がなく、話を理解できないことが多々ありました
 
周りから馬鹿にされることを極度に怖がっていた、人の目をとても気にしていた、ということなのです
 
 
ふと思い出したのですが、気の弱いHSPの僕でもわからないことを、平気で「知らない」とか「それってどういう意味ですか」とか聞けていたことがあったのです
 
それは少しの間、アメリカに赴任をしていた時のことでした
現地の社員に何か質問されても知らない時には「知らない」、わからない言葉が出てきたときには「それってどういう意味ですか」と質問していました
それも普通にやっていたと思います
 
 
日本でできなかったことが、アメリカではなぜできたのか?
それはこういうことだと思います
 
まず、アメリカ人が知らないことは知らないと素直に言う、わからないとすぐにどういうことか聞いてくる、これがスタンダードになっていたのです
その姿を見ていると、僕も同じようにしていいんだと思えるわけです
 
それと、僕が日本人であること。日本人だから英語でわからないことがあっても当然、ちょっとくらい開き直ってもいいんじゃない?
そんな思いが、気の弱いHSPの僕にも作用したということなんです
 
つまり、環境を変えたことで、わからないことも聞けるようになった、ということなんです
 
この考え方を広げれば、できないと思っていることでも、環境を変えるとできるようになることがある、と言えますね!
 
特にHSPの僕らは、何かに行き詰ったとき、環境を変えてみることをなかなか気づけないと思うので、いつも心の片隅に置いておくとよいかもしれません
 

 

 

 

 
       
   
感情セラピストからのメッセージサイト All Emotions
 

環境を変えるカテゴリの最新記事